美しい髪を育むシャンプーのキホン! 頭皮にやさしい洗い方4ステップ♪

2020/06/10
美しい髪を育むためには、頭皮の状態が良好であることが欠かせません。

きれいに洗い上げることはもちろん大切ですが、ゴシゴシ洗いで頭皮や髪にダメージを与えてしまうのは絶対にNG!

毎日のシャンプーを見直して、美しい髪を育むための「頭皮にやさしい洗い方」を心掛けましょう◎

ステップ1|入浴前のブラッシングで汚れを浮かせる


頭皮にやさしいシャンプーの第一歩は、入浴前のブラッシングから。

ブラッシングによって頭皮の汚れを浮き上がらせると同時に、髪の絡まりをほぐしてシャンプー時の髪への負担を軽減できます。

クッションブラシやパドルブラシといったクッション性があるブラシを使えば、頭皮のマッサージにもなってより効果的◎

髪にスタイリング剤がついている場合は、ブラシを使う前に手ぐしでとかしておきましょう。

コームなどで引っ張るようにとかすのは、髪へ大きなダメージを与えてしまうため厳禁です。

シャンプーによる頭皮と髪へのダメージを減らすために、入浴前のブラッシングをぜひ取り入れましょう!

ステップ2|ぬるま湯で時間をかけて予洗い


シャンプーをつける前にまずはぬるめのお湯のみでの予洗いから始めます。

1~2分ほど、爪を立てないように気を付けながら指の腹で円を描くように頭皮をマッサージしましょう。

これだけでも多くの皮脂は流され、この段階ですでにシャンプーは半分以上終わっていると言っても過言ではありません。

髪についているホコリや頭皮の余分な皮脂が落とされることで、その後のシャンプーの泡立ちもよくなります。

また、髪を洗う際のお湯の適温は36~38℃と、ちょっとぬるめ。

美容室でのシャンプーの際も、普段体に浴びているシャワーの温度より少しぬるく感じますよね。

40℃を超えるお湯は頭皮に必要な油分まで洗い流して乾燥しやすくなってしまうため、ぬるめの温度であることが重要です。

さらに、お湯の温度が高すぎると髪のキューティクルへもダメージを与えてしまいかねないため、シャンプーの時は頭皮と髪のために少しぬるめの温度を心掛けましょう。

ステップ3|適量のシャンプーをしっかり泡立てて洗う


髪につけるシャンプーの量は、多すぎても少なすぎてもよくありません。

髪の量にもよりますが、ミディアムヘアなら2プッシュ程度ロングヘアでも2~3プッシュ程度が適量です。

予洗いがしっかりできていると、適量で十分に泡立ちます。

泡立ての際の摩擦ダメージを抑えるために、シャンプーはあらかじめ手で泡立ててから使います。

髪そのものだけでなく、髪を育む土台である頭皮をしっかりと洗うことこそが最重要と心得ましょう。

予洗いと同じ要領で指の腹を使いマッサージしながら洗えば、血行が良くなり髪への栄養が行き渡りやすくなります

ステップ4|しっかり洗い流す


最後のすすぎこそ、シャンプーの泡に含まれた汚れを洗い落とす最も重要な工程です。

すすぎが足りないと、落としきれなかった汚れやシャンプーが頭皮にダメージを与えるほか、臭いの原因にもなってしまいます。

泡が無くなったからハイ終わり、ではなく、ヌメりが残っていないかを指先で確認しながら、時間をかけて丁寧にすすぐことが鉄則です。

髪の表面はシャワーが当たりやすいので特に意識しなくても洗い流されますが、頭頂部髪の根元、また耳の裏側などは特に意識してお湯を当てるようにしましょう。

自分の髪質や頭皮の悩みに合ったシャンプーを使うのはもちろん大切ですが、洗い方ひとつでヘアケアの質が変わります。

今日から洗い方を見直して、美髪を育てましょう!

おすすめPick Up