紫外線対策で透明感を守る!|春から初夏の3大リスク

2020/04/06
寒い冬が過ぎ去り、あたたかな春、そして初夏へ。

やわらかな日差しの心地よさに心も弾みますね。

紫外線対策はできていますか?

「まだ本格的なじゃないから、紫外線対策は手を抜いても大丈夫」なんて考えは大きな間違いです。

正しい紫外線対策と、おすすめのファッションアイテムをご紹介します。

油断せず、徹底的に!紫外線対策で透明感を守る

春から初夏の3大リスク

強い日差しを手持ちのバッグで遮る女性

①紫外線が急増 UV-Aは春から初夏がピークに

シワやたるみのもとになる紫外線A波(UV-A)は、5月が1年の中でもピークになります。

②気温・湿度の変化についていけない

気候が大きく変わると、肌もバランスをくずしやすく!

③花粉やPM2.5などの大気中の刺激物質

風に乗って飛散する花粉やPM2.5といった大気中の刺激物質も、肌ダメージの原因に。


春のケアはいつもよりも入念に

春から初夏にかけての肌環境は、急激な温度・湿度の変化に晒される非常に過酷なもの

肌バランスが不安定になりトラブルを起こしやすくなります。

そんな時に受ける強い紫外線や花粉・PM2.5などによる肌へのダメージはとても深刻。

いつまでも若々しいお肌でいたいからこそ、季節の変わり目はいつも以上に入念にお手入れをしましょう。

老化の原因は8割が光老化

手で肌に触れながら、鏡を見る女性

肌の老化は年齢だけではなく紫外線の影響が8割といわれています。

これは「光老化」と呼ばれ、シワも光老化により進行が加速します。

なぜ紫外線によりシワができるかというと、肌のハリを保つコラーゲン・エラスチンを破壊してしまうから。

同時に紫外線は水分を奪うので、肌がカサカサになってしまいます。

乾燥で免疫力が下がった肌は角質層を厚くして紫外線などのダメージから身を守ろうとするため、肌の透明感まで失われることに。

紫外線を浴びた記憶は少しずつ肌に蓄積されていくので、毎日コツコツUV対策を続けることが、若々しい肌を保つカギなのです。

チェックリスト|あなたのその悩み光老化が原因かも!

□ なんだか最近、肌のハリがない

□ 以前よりも肌が乾燥しやすくなった

□ 肌全体のくすみが気になる

□ 肌がかたく、ゴワゴワする


2種類の紫外線とは?

麦わら帽子をかぶり日焼け止めを顔に塗る女性

意外な強敵!生活紫外線「UV-A」

生活紫外線とも呼ばれるUV-Aは、雲や窓ガラスを通り抜ける性質を持っています。

室内で過ごす日や、曇りの日でも気を抜かずにしっかり日焼け止めを塗りましょう。

いわゆる日焼けのもと。リゾート紫外線「UV-B」

UV-Bは肌の奥にはほとんど届かず、主に表皮にダメージを与えます。

UV-Bの日焼けは肌が赤く炎症したのち、黒くなります。

この炎症がメラニン色素の生成を促し、やがてシミやソバカス肌くすみの原因となります。

UV-AとUV-Bは、そろって夏に増えるのではありません。

UV-Aは春から初夏にかけて急増し、UV-Bに比べて年間の変動差が小さいのが特徴です。

いつも油断せずにUV対策をしましょう!

あとで泣かないための正しいUV対策

お出かけ準備で紫外線を完全ブロック

アンプルール ラグジュアリーホワイト WプロテクトUVプラス

シーンを選ばず頼れるのは、国内最高レベルの日焼け止めです。

最近では、大気汚染や話題のスマートフォン・パソコンによるブルーライトに対応する高機能なものも。

紫外線を受けやすいほおの高い部分には重ねづけを。

スキンケアの後に行うルーティンとして組み込み、紫外線から肌を守りましょう。

メイクの上からOK!日焼け止めパウダーが活躍!

アンプルール フェイスパウダー

一日の中でもっとも紫外線の強い時間帯10時~14時です。

買い物などの外出は、この時間帯を避けると良いでしょう。

また、メイクをしていると日焼け止めの塗り直しが難しいもの。

そんな時に便利なのがUVカット効果の高いフェイスパウダー。

外出先でも気になるときに、サッとメイク直しをしながら日焼け対策ができます。

こってりメイクを避けたい日には

アンプルール BBクリーム

ちょっとしたお出かけやナチュラルメイクで過ごしたい日は、BBクリームがおすすめです。

Tゾーンを薄めに塗るのがメイク崩れを防ぐコツ

最後に指先に残ったものをなじませる程度でOKです。

紫外線による毛穴悩みに!ビタミンCケア+リラックス

アンプルール VCエッセンスウォーター

春から初夏にかけては皮脂分泌が増えて、毛穴目立ちが気になる季節です。

そこで、夜のスキンケアには日焼け悩みや毛穴悩みにおなじみの、ビタミンCケアを取り入れましょう。

また、ストレスがあると体はビタミンCを消費してしまうので、こまめに補給を。

ストレスを感じたら、好きな香りを嗅ぐなどしてリラックスを心がけて。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

日常もお出かけも楽しく!輝く肌のためのファッションアイテム

麦わら帽子、サングラス、日焼け止め、日傘のイラスト

肌美人には知恵があるのです◎

紫外線対策は日焼け止めに限らず、ファッションアイテムも活用しましょう。

春のお出かけにぴったりなUV対策グッズをご紹介します!

マストアイテム①|サングラス

紫外線は皮膚だけでなく目からもメラニンの生成を促します。

マストアイテム②|帽子

頭皮や髪の毛の日焼けを防ぎます。

つばが広めだとなお◎。

マストアイテム③|日傘

地面からの反射焼けを防ぐため、日傘の裏地は黒系のものを選びましょう。

マストアイテム④|ストール

首や肩など気になる部分に巻いて部分日焼け対策をしましょう。

マストアイテム⑤|アームカバー

手の甲から二の腕までの長めのアームカバーがおすすめです。

マストアイテム⑥|日焼け止めスプレー

地面からの反射光に注意!

忘れがちなあご下なども、忘れずにしっかり日焼け止めを塗りましょう。

サンダル焼け防止にもおすすめ 。

足の甲にもシュッとするだけの簡単対策。

うっかり焼けを防ぎましょう!

アンプルール VCサンプロテクトスプレー

アンプルールの「VCサンプロテクトスプレー」は、髪や背中にも使える日焼け止め。

3種のビタミンCを配合した美肌もかなう一品です。

仕上げはストレスケア♪

ベッドルームでヨガかストレッチをする女性とそれを眺める犬

UV対策に余念のないあなたは、アクティブに毎日を楽しめるはず。

でも、春~初夏は生活環境の変化があることも多く、ストレスを抱えやすいものです。

ストレス発散のために軽い運動を心がけ、お風呂はシャワーで済ませず湯船に浸かるようにしましょう。

心身ともに整え、すがすがしい気持ちで過ごしたいですね!

おすすめPick Up