BEAUTY RECIPE – 美肌効果バツグンのラップサンド

2019/05/30

紫外線に負けない!キレイになる春レシピ

美肌をキープするには、お肌のケアに併せて美容に良い食事を摂り、内側からキレイにアプローチするのが肝心。
今回は、春から夏にかけピークを迎える紫外線をケアする、ビタミンCたっぷりの美肌効果が高いレシピをご紹介。
春から気をつけたいのが紫外線対策。ビタミンCには、紫外線によりメラニンが過剰に作られるのを抑制し、シミができにくくする作用があります。
さらに、できてしまったシミを薄くする美白効果も。また、抗酸化作用やたるみ予防も期待できるというのだから、ビタミンCは美肌には欠かせない栄養素だと言えます。
今回は、ビタミンCが豊富な、美味しくてヘルシーなレシピです。手軽に作れて美肌になれるトルティーヤサンドを、ぜひ召し上がれ!

ビタミンCを含む旬の野菜

春キャベツは生で食べるのがおすすめ!

春キャベツ
春キャベツは冬キャベツと比べてビタミンCの含有量が増加。葉が柔らかい春キャベツは煮たりせず生で食べられるから、水溶性であるビタミンCを逃すことなく摂取できます。

パセリを飾りだけにしてはもったいない!

パセリ
パセリのビタミンC含有量は100g中120mgと、野菜の中でも高め。つけあわせでよく見るパセリですが、栄養価が高いので刻んでソースと和えたりなど、工夫して摂取しましょう。

美肌効果バツグンのラップサンド

材料
材料(2人分)
【トルティーヤ生地】4 枚分
・薄力粉 100g
・塩 ひとつまみ
・水:大さじ3
・オリーブオイル:大さじ1

【具材】
・春キャベツ 150g(約1/ 5 個)
・パプリカ 1/ 2 個
・アボカド 1/ 4 個
・サニーレタス 大2枚
・パセリ(みじん切り) 大さじ3
・鶏ささみ 2本

【A】
・マヨネーズ 大さじ3
・みそ、しょうゆ:各大さじ1/ 2
・からし 小さじ1/ 2

作り方
【トルティーヤ生地】
1. 薄力粉と塩はボウルに入れて指先で混ぜ合わせる。
水とオリーブオイルを回し入れ、手で全体になじませるように混ぜ、生地を半分に折りたたんでは手のひらの腹でこねて、を繰り返し、ひとまとめにする。
ラップをかけて30分ほど生地を休ませる。
2.4 等分して丸め、打ち粉(薄力粉・分量外)をしたまな板にのせ、上にも打ち粉をまぶして手のひらで円形に潰してから、めん棒でそれぞれ15㎝大に伸ばす。
3.フライパンを熱して油をひかずに②を1枚ずつ入れ、膨らんだら裏返し、両面合わせて1分ほど中火で焼く。これを4 枚作る。
【具材】…生地を休ませている間に用意
4. 春キャベツは千切りにし、塩小さじ1 / 4(材料外)を混ぜ合わせて15 分ほど置く。パプリカは細切りに、アボカドはくし型4等分に切る。サニーレタスは半分にちぎる。
5.鶏ささみは熱湯に入れて火を止め、蓋をして8分置き余熱で火を通す。手で粗く裂き、混ぜ合わせた(A)、パセリとよく和える。
【仕上げ】
トルティーヤの約2倍の長さに切ったオーブンペーパーを4枚用意する。3の生地にサニーレタスをのせ、よく水けを絞った春キャベツ、パプリカ、アボカド、5の鶏ささみをのせて巻く。
6.をそれぞれ用意したオーブンシートで巻き、両端をキャンディー状にねじり、斜め半分に切る。

作り方のワンポイント

POINT1

材料
トルティーヤの生地は焼く前に形が整っていなくても、フライパンの上で手で押さえて伸ばすときれいに円形に整えられます。表面がポコポコと膨らんできたらひっくり返して。

POINT2

材料
トルティーヤにサニーレタスを敷き、手前半分に残りの具材を山になるように高さを出して置いてください。具材を手で押さえながら、ゆるみなく巻くのがポイントです。
レシピ監修
粮理家・ウェルネスフードスタイリスト 松見 早枝子先生
2003年度ミス・インターナショナル日本代表を経て、料理研究家として活動。心身の健康と美をテーマに各メディアで活躍中。五感で楽しんでいただく事を大切にした料理教室Tronc(トロン)主催。

おすすめPick Up