美白ケアはアンチエイジングにも有効?! 加齢よりコワい光老化とは?

2019/09/02
肌を老化させる原因は加齢だけだと思い込んでいませんか? 実は、肌老化の最も大きな原因は紫外線による「光老化」と言われています。
美白のためのスキンケアは、肌全体のアンチエイジングにも欠かせない重要なファクターなんです◎

老化の原因の8割は紫外線による「光老化」!

年齢を重ねることでも肌老化は起こりますが、実は肌老化の要因として「加齢」はたったの2割ほど。残る8割は、紫外線による「光老化」だと言われているんです。
普段あまり紫外線にさらされることのないお尻や二の腕の内側などは白くすべすべなのに対し、手の甲など紫外線を浴びやすいパーツはシワっぽかったりガサつきやすいことを思えば納得ですよね。


紫外線によって炎症を起こした肌は、老化を引き起こす活性酸素を作り出すため、紫外線による「光老化」が進んでしまうのです。


肌に影響を与えるUVAとUVBをおさらい!

光老化は、肌に浴びた紫外線量に比例して起こるとされています。
肌に影響を与える紫外線「UVA」と「UVB」についてしっかりとおさらいしておきましょう◎


UVAは、肌の奥深くまで届いて真皮にダメージを与え、ハリ肌を支えるコラーゲンやエラスチンを変性。光老化独特の濃く深いシワの原因に。

UVBは、肌の奥深くまでは届かないものの、ヒリヒリとした痛みを伴う炎症を引き起こします。炎症によって必要以上のメラニンを作られることで、シミの原因となってしまうのです。


日焼け止めに記載されている「PA」は、UVAから肌を守る効果を表しています。+から++++(フォープラス)まであり、+が多いほど高い防御効果を発揮。
「SPF」はUVBをカットする効果を表していて、最高数値は50。「50+」はより効果が高いことを示しています。

予防美白に欠かせない日焼け止め選びにぜひお役立てくださいね。


予防×アフターケアで徹底美白!


光老化から肌を守るためには、紫外線を浴びないことが何よりも重要です。 日焼け止めを2~3時間おきに、また汗をたくさんかいたときはその都度、こまめに塗り直すようにしましょう。日傘や帽子も外出時のマストアイテムです。
合わせて、美白用の基礎化粧品による日頃からのスキンケアももちろんお忘れなく。

予防×アフターケアの徹底美白で、エイジレスな美肌を守り抜きましょう◎


▼アンプルールの美肌コンテンツはコチラから
>>>きちんと知ってしっかり守るUV対策
>>>進化した予防美白で、24時間メラニンに立ち向かう


おすすめPick Up