蒸し暑い日もさっぱりと♪「梅」を使ったお手軽レシピ

2019/08/01

「梅」のチカラでジトジト梅雨を乗り切ろう

「梅雨」と「梅(うめ)」の深い関係!?


雨が降り続いてジト~っとした蒸し暑さを感じる「梅雨」。早くカラッとした天気になってほしいものです。
ところで、「梅雨」にはなぜ「梅(うめ)」という文字が含まれているのでしょう?
梅雨の語源は諸説ありますが、そのひとつに梅と関係したものがあり、夏の前に長い雨が続く季節と梅の実がなる時期が重なるため「梅の実が熟す頃に降る雨」という意味で「梅雨」と呼んでいたとか。
ジメジメしたこの季節、湿気がまとわりついてなんだか気分も滅入ってしまう私たちですが、梅雨の雨は梅にとって恵みの雨なのかもしれませんね♪

「クエン酸」でキレイ×元気をキープ!


「梅」には、なんといっても、疲労の原因となる乳酸を分解してくれるクエン酸が豊富!
クエン酸には、疲労回復だけでなく、ミネラルの吸収を助ける効果や血液をサラサラにする効果もあるとも言われており、”キレイ”にも”元気”にも嬉しい食材です◎
また、クエン酸のすっぱい酸味は、唾液の分泌を促して食欲を増進させてくれるため、疲れていて食欲がない時にもぜひ取り入れてみてくださいね♪

今回は、ジメジメとした蒸し暑い梅雨の季節でも、さっぱりといただける「梅」を使ったお手軽レシピをご紹介します!

アジの梅しそ和え

材料(2人分)
・あじの刺身…100g
・梅干し…1個(15g)
・大葉…2枚
・しょうゆ…小さじ2(12g)
・白ごま…小さじ1(3g)

作り方
1.あじの刺身、梅干しは包丁で叩いて細かくする。大葉は千切りにする。
2.ボウルに全ての材料を入れてよく混ぜ、大葉(分量外)を敷いた器に盛る。


アジも手に入りやすい食材のひとつなので、お酒のお供や、「もう1品!」というときにもおすすめです♪

おすすめPick Up