冷えや乾燥に負けない体に♡ キレイを作る「ちょい足し」習慣

2019/02/15
冬から春にかけての時期は気温や湿度が低く、美容の大敵である冷えや乾燥が悪化しがち。そんな過酷なシーズンでも美肌をキープするために、今日から実践できる手軽な「ちょい足し」習慣をご紹介します◎

すぐに始められる簡単ちょい足し習慣♪

体を温める食材をプラス☆

厚着をするだけでは解消できない体内の冷えをとるには、体を温める食材を積極的に摂ることがおすすめ◎ カボチャやレンコン、鮭やマグロなどの「寒い地域で採れる食材」や「冬に旬を迎える食材」、またニンジンやゴボウ、リンゴなどの「赤や黒色の食材」も効果的です。 反対に、トマトやナスなどの夏に旬を迎える食材は体を冷やしてしまいますので、摂り過ぎに注意しましょう。

こまめな「白湯」の摂取は美肌に効果的!

食材よりももっと手軽に内側の冷えを解消できるのが白湯です。内臓を温めるだけでなく、寒い時期に起こりやすい隠れ脱水の予防で乾燥肌対策にも◎ 利尿作用によって体内の老廃物が排出されるため、美肌づくりに欠かせないむくみや便秘の解消にもつながります。 水をやかんに入れて火にかけ、沸騰したら火を弱めて10分ほど沸騰させ続ければ白湯の完成です。飲める程度に冷ましてから、すするようにして飲みましょう。

腹巻きで外側からも温める♪

内臓の冷えを放っておくと、消化不良や血行不良による肩こりや疲れやすさなど体調不良の原因に。通気性の良い腹巻きをインナーにちょい足しして、外側からもしっかりと温めましょう。

毎日の習慣がキレイを作る♡

どれも簡単に始められるものばかりですよね! これらのちょい足し習慣を取り入れることで、スキンケアとはまた違った角度からキレイをサポート◎ 冷えや乾燥に負けないタフな美しさを手に入れてくださいね♪

おすすめPick Up