映画やドラマで見かける美粧協力って何?

映画やドラマを見ていて、「あの女優さんが着ている衣装はどこのブランド?」「CMに使われている家具が欲しい〜」なんて思ったことありませんか。
実はこれ、アパレルや家具メーカーなどの企業サイドから無償提供(タイアップ)による美術協力なんです。
お茶の間で話題の日曜劇場「下町ロケット」では、大塚家具さんが美術協力をされていました。 家具やアパレルなどを美術協力とする一方で、化粧品などに関するものについては、「美粧協力」というそうです。
ドラマや映画のエンドロールにも記載がある「美粧協力」についてまとめました。

美容製品の無償提供で映画やテレビをサポート!

美粧協力は、主に化粧品メーカーがTVや映画、舞台などに商品を無償提供することをさします。
メイクアップ用品の提供で有名なメーカーが 江原道(こうげんどう)です。
ファンデーションやスキンケア製品などを長年使用されているそう。

アンプルールも女優さんを撮影現場でしっかりサポート。

2018年で15周年を迎えたアンプルールは、今までに紹介された雑誌の数も1,000を優に超えているスキンケアブランドです。
また、近年では「映画やテレビの美粧協力」にも力を入れています。
映画やドラマの撮影は、短い期間に集中して別人を演じきり、時には昼夜問わずの撮影を行うことも。
そんな様々なストレスに向き合う、女優や俳優さんのお肌をしっかりとサポートしたいという想いから、アンプルールは美粧協力を始めました。
2018年だけでも、アンプルールは3本の映画と4本のテレビドラマに携わり、多くの女優・俳優陣のキレイを支えてきました。
最近の美粧協力では、濱田岳さん主演の2019年新春ドラマSP「釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助」 があります。
釣りをこよなく愛する、浜ちゃん(浜崎伝助)と奥さん役のみち子さんの掛け合いが楽しい釣りバカ日誌。 今回、みち子さん役の広瀬アリスさんが実際にお肌のお手入れで使用していたのが、エマルジョンゲルEXなんです。
たっぷりと顔全体にゲルを塗ったみち子さんが印象的でした。

アンプルールは、これからも映画や舞台の現場でキレイのお手伝いをしてまいります。
雑誌掲載・映画美術協力の情報


おすすめPick Up