結局のところ「美白成分」って何が一番効果あるの?

「美白成分」というと、どのような成分を思い浮かべますか。
美白成分で代表的なものはビタミンC誘導体、ハイドロキノン、コウジ酸、ユキノシタなどが挙げられます。美白ケアを目的にした場合も、肌タイプや悩み、シミ・そばかす、肝斑など様々です。
美白成分がたくさんあって何がいいか分からない…という方も多いのではないでしょうか。
一番効果がある美白成分について考察していきます。

美白成分の定義は厚生労働省が決めている!?

そもそも美白成分とは何を指すのでしょう。
実は明確な定義があり、「厚生労働省が承認する美白有効成分とは、厚生労働省が〔メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ、あるいはこれに類似した効能があると認めた成分〕のことをさします。
現在では、約20種類の成分が「美白有効成分」として厚生労働省に認られています。
ここでは、美白スキンケア商品に多く配合されている代表的な美白有効成分をご紹介します。

豊富な美白成分をご紹介します

【ビタミンC誘導体】
『ビタミンC誘導体』は、肌を内側から支えるコラーゲンの産生を促進するほか、活性酸素の除去作用、メラニン産生抑制、還元作用など様々な効果が認められています。

【トラネキサム酸】
トラネキサム酸はもともと出血を抑えるために用いられていた人工アミノ酸の一種。
またシミ(肝斑)の予防や改善に効果があることが分かり、多くの化粧品に配合されています。

【アルブチン】
コケモモなどの植物に含まれる成分。
メラニンをつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用によって、過剰なメラニンの生成を抑制。
シミ・そばかすを防ぐ効果が期待されています。

【コウジ酸】
コウジ酸は麹から発見された化合物。
メラニン合成酵素であるチロシナーゼの活性を抑制し、メラニンの生成を抑える作用を有することを発見し、美白剤として開発。医薬部外品の有効成分としてから厚生労働省から承認を得ています。

【ユキノシタ】
ユキノシタは、本州や四国、九州及び中国に分布し、湿った岩場などに自生する多年草です。
民間薬としても薬を炙り、消炎にも使用していたと言われています。
強い美白効果もあり、化粧水を手作りする人も多い人気の生薬です。

【ハイドロキノン】
ハイドロキノンは 美白の大敵、酵素であるチロシナーゼの活性を阻害し、新たなメラニンの生成を防ぎます。
角質層に入ってからハイドロキノンとして働く成分で、高い美白作用を発揮しながらも、安定性に優れ、マイルドに作用します。

一番効果がある美白成分はハイドロキノン。

美白成分は肌タイプや悩みに応じてどういったものを選ぶかは個人差がありますが、肌のくすみやシミを徹底的にケアするという目的ならハイドロキノンがオススメです。
メラニン還元力が強く、今あるシミを薄くする力があります。
またメラニンを抑える力は一般的な美白成分(アルブチン)の100倍とも言われ、なかなか消えないシミの悩みにも適しています。

アンプルールの商品ではコンセントレートHQ110、トリートメントマスクHQメラルミナスクリームAOなどがあります。
ぜひご覧ください。

おすすめPick Up