「肌本来の美しさ」を引き出す植物幹細胞のチカラとは?

2018/12/28
「植物幹細胞」=”アンチエイジングには欠かせない美容成分”
として高く注目されていますが、植物幹細胞には一体どんな種類があるのでしょうか?
ここではスキンケアに配合されるポピュラーな植物幹細胞エキスを2つご紹介いたします。

「肌本来の美しさ」を引き出す植物幹細胞のチカラとは?

本格的なエイジングケア、植物幹細胞のチカラ

植物幹細胞は幹細胞ですが、肌の細胞の修復や再生ではなく、細胞レベルにアプローチできる本格的なエイジングケアができます。
ヒト幹細胞培養液は、細胞そのものを修復したり再生する一方、植物幹細胞は植物のもつ強い抗酸化作用により細胞レベルでアンチエイジングケアができるのです。
また、植物は水分がなければ生きていけないため、保水力が強く高い保湿効果があります。

収穫してから4ヶ月間腐らない奇跡のリンゴとは?

●リンゴ果実培養細胞エキス
「奇跡のリンゴ」ともいわれるスイス産のリンゴの一種「ウトビラー・スパトラウバー」の幹細胞を培養したエキス。 なんとこのリンゴ、収穫してから4ヶ月間も腐らないという非常に抗酸化力の高い果実です。
その高い抗酸化力が注目され、スキンケアはもちろんのこと、最近ではヘアケア製品にも配合されています。

過酷な環境に生き抜くエキスとは?

●アルガニアスピノサカルス培養エキス
モロッコ固有の樹木であるアルガンツリー由来の植物幹細胞エキスで、「アルガン幹細胞エキス」とも呼ばれています。 アルガンツリーは、気温差や乾燥の激しい砂漠地帯の過酷な環境の中を生き抜いてきた、
強い生命力を持つ植物。その種子から採れるアルガンオイルも美容効果が高いことで有名です。
アンプルールでは幹細胞エキスを配合したアイテムを取り揃えています。 幹細胞のアルガンセルエキスを配合しているのがラグジュアリー・デ・エイジのリフティングローションEX V。 潤いと年齢ケアが同時に叶うアイテムです。
またクレンジングオイルにも幹細胞が含まれているので、メイク落としの時にもエイジングケアをしたい方にもぴったりです。
その他にも美容的の決定版であるリジュリューションVにもアルガンツリーの芽から抽出したアルガンセルエキスを配合。ハリの根源にまっすぐ届くので、季節の変わり目などにお使いいただく方も多いようです。

植物の持つ生命力と再生力。これだけでも驚きのパワーですが、これらの植物幹細胞は、
私たちの「肌本来の力」を引き出してくれるといわれています。
若々しくいきいきとした肌を保つためのエイジングケアには植物幹細胞はもってこいの成分なのです。

おすすめPick Up