若々しくいきいきとした肌を保つ!話題の「植物幹細胞」とは?

2018/12/27
最近、「植物幹細胞エキス」を含んだスキンケアがとても話題となっています。
何となくすごそうだけど、実際のところどうなの‥と思われている方も多いのでは。 今回、幹細胞の働きや種類についてご説明します。

幹細胞の種類ってこんなにも?その特徴は・・

幹細胞と一言で言っても、「植物由来幹細胞、「動物由来幹細胞」、「ヒト由来幹細胞」があります。
特に私達の肌に強い影響を与え、エイジング効果が高いものが「ヒト由来幹細胞」。
しかし、ヒト由来幹細胞は価格も高く、昔は化粧品への採用が難しく、エステサロンなどの業務用が中心でした。 近年では、研究を重ねヒト幹細胞培養液配合の化粧品も手軽に購入できるようになりました。
一般的なものは植物由来のも幹細胞(植物由来幹細胞が多く、例えば、スイスの希少なリンゴから抽出した、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガンツリーの芽から抽出した、アルガンセルエキス(アルガン幹細胞エキス)、クリステマリンというフランスの薬草から抽出した、クリスマムマリチマムカルス培養液など様々。

幹細胞エキスの効果は何?

幹細胞エキスの、すごい効果は以下の通り。
【1】多分化機能:さまざまな細胞に分化できる。
【2】自己複製能力:細胞分裂をした後、さらに自分自身と同じものを作り出すことができる。
まさに化粧品業界は日進月歩。手軽にスキンケアで補えるのが良いですね。

そして、この話題の「幹細胞エキス」ですが、アンプルールでも配合アイテムを取り揃えています。
植物幹細胞のアルガンセルエキスを配合しているのがラグジュアリーデ・エイジのリフティングローションEX V。 潤いと年齢ケアが同時に叶うアイテムです。
初めてご使用いただく方にもぴったりなのがラグジュアリーデ・エイジのトライアルセットもあります。 その他にも人気のリジュリューションV にもアルガンツリーの芽から抽出したアルガンセルエキスを配合。
ハリの根源にまっすぐ届くので、季節の変わり目などにお使いいただく方も多いようです。

植物の持つ生命力と再生力を角質層のすみずみまで投入できるのはすごいことですね。
これらの植物幹細胞は、若々しくいきいきとした肌を保つためのエイジングケアには植物幹細胞は大切な成分。
植物幹細胞配合アイテムを取り入れ、美しい肌を目指しましょう。

■関連記事:“究極のエイジングケア”で力強いハリをもたらす「植物幹細胞」

おすすめPick Up