温泉

美肌効果を狙うならこの泉質! 「日本三大美肌の湯」もご紹介

2021/11/29
肌寒くなると同時に、温泉が恋しくなるこの季節。

温泉にはさまざまな効果効能があることは皆さんご存じかと思いますが、どうせ選ぶなら美肌効果も欲しくはありませんか?

そこで今回は、美人泉質と言われる4つの泉質をフィーチャー!

それにあわせて「日本三大美肌の湯」と言われている3か所の温泉地も紹介します。

ぜひ温泉旅行先選びの参考にして、心身ともにリラックスしながらキレイも叶えてくださいね♪

そもそも温泉とは? その効果とは?

温泉 温泉とは、源泉の温度が25℃以上、あるいは、地中から湧き出る水・水蒸気・そのほかのガスで定められた規定量以上の化学成分を含むもの…と、温泉法で定義されています。

温泉が体に良い理由は大きく3つ。

①物理的効果
体を温める温熱作用に加え、水圧・浮力・清浄作用など物理的に体に働きかける効果のこと。
新陳代謝や免疫力アップを促します。

②化学的効果
温泉成分が皮膚を通して吸収され、体を健康な状態へ導く効果のこと。
疲労回復・関節通などほぼすべての泉質に共通する一般適応症のほかに、皮膚乾燥症・切り傷といった泉質別の適応症があります。

③心理的効果
ゆっくり湯船に浸かったり、いつもと違う風景を眺めたりすることで、心の緊張がほぐれてリフレッシュした気分になれる効果のこと。
転地効果と言われることも。

心身を癒やしてくれるのは、包括的なアプローチによるものであることがよくわかります。

4つの美人泉質とその効果をチェック!

ここからは美肌効果の期待できる、4つの泉質についてそれぞれ紹介していきます。

■炭酸水素塩泉
炭酸水素塩泉は、とろみのある湯が特徴的でほとんどがアルカリ性です。
肌の余分な皮脂や角質を取り除き、まるで石けんで体を洗ったかのようになめらかでツルツルな手触りに。
不要な角質が取れることで湯上りは肌が乾燥しやすくなるそうなので、手早く保湿ケアをするのが◎。

■硫酸塩泉
硫酸塩泉は、含有している成分によってナトリウム・カルシウム・マグネシウムという3つのタイプに分けられますが、どれも美肌効果を期待できます。
特に、化粧品にも使用されることがあるナトリウム硫酸塩泉は、化粧水のように肌にハリやうるおいを与えてくれて、湯上りもしっとりポカポカ。

■硫黄泉
硫黄泉は、温泉特有のにおいが特徴で、湯の色は乳白色や青緑色が一般的です。
体のめぐりを促して老廃物の排出をサポートする効果があるため、皮ふの代謝もスムーズに。
また、メラニンを分解する働きがあると言われ、シミ予防も期待できます。

■アルカリ性単純温泉
pH値が8.5以上のアルカリ性単純温泉は、無色透明&無味無臭でやわらかな湯です。
肌の古い角質を落とすクレンジング効果があると言われており、くすみのケアも期待できるのだとか。

「日本三大美肌の湯」とは?

温泉に入る女性の後ろ姿 肌に対する効能が良い温泉として、中央温泉研究所と藤田聡氏によって選ばれたのが「日本三大美肌の湯」です。
それぞれの特徴を紹介します。

■嬉野温泉(佐賀県)<炭酸水素塩・塩化物泉>
佐賀県嬉野市にある嬉野温泉は、炭酸水素塩・塩化物泉であり、水素イオン濃度は弱アルカリ泉(pH7.5-8.5)。
とろみのある湯で、ゴワつきが気になる角質化した肌をなめらかでツルツルにし、湯上りはスベスベしっとりの手触りに。

飲用できるため料理にも使われており、温泉湯豆腐は嬉野温泉の名物となっています。

■斐乃上温泉(島根県)<アルカリ性単純温泉>
島根県の奥出雲にある斐乃上温泉は、アルカリ性単純温泉で美肌効果のほかに、冷え性や疲労回復効果もあるので女性にとってうれしいことずくめ。
古来、多くの人々に親しまれてきた薬効の高い温泉は、無色透明のなめらかな湯触りです。

斐乃上温泉にある温泉旅館は二軒のみ。知る人ぞ知る、自然豊かな温泉は訪れてみる価値あり!

■喜連川温泉(栃木県)<ナトリウム塩化物泉>
栃木県にある喜連川温泉は、ナトリウム塩化物泉で、硫黄・鉄分・塩分を含んだ珍しい泉質の温泉です。
とろみのある湯が心地よく、美肌効果に加えて冷え性や疲労回復など速攻性があると評判。
入浴後はポカポカと保温感が続きます。

いわゆる温泉街はありませんが、日帰り入浴施設が充実しているので関東圏の方は要チェックです。

自宅で温泉気分を楽しめる♪ 温泉地公認の入浴剤も!

旅行になかなか行けないという方は、おうちで温泉気分を味わいませんか?

温泉地の協力のもと作られた本格的な入浴剤なら、温泉の効果を存分に実感できるはず。

温泉のもと 出典:PRtimes

『日本の名湯』
開発者が温泉地を直接訪れ、温泉分析表をもとに湯質を徹底研究、
色と香りで情緒を表現し、各温泉地に認められた“温泉地公認*”入浴剤。

*各温泉地で温泉に関わった活動をしている自治体または団体に、コンセプト、湯ざわり、色、香り等を品質確認いただき、発売しています。

※アイテムの詳細につきましては上記の出典リンクに記載のお問い合わせ先にご連絡ください。

寒い冬は温泉で心も体も温めながら美肌へ

露天温泉 美肌効果のある温泉の泉質や温泉地を紹介しました。

非日常感を楽しめる温泉は、肌や体だけでなく、心のリフレッシュにも最適!
目的や好みに合わせた泉質をチェックして、冬の温泉旅行を計画してみてはいかがでしょうか?