透明感のある肌をキープするなら、秋冬も美白ケアを!

2021/10/04
日中はまだ暑さを感じることがあるものの、朝晩は気温も下がり季節はすっかり秋。

春夏はシミそばかすを防ぐために念入りな美白ケアを行っていたのに、秋冬はその勢いも下降気味…という方は意外と多いのではないでしょうか。

でも実は、紫外線量が少なくなり涼しくなってきた今こそ、透明感のある肌を手に入れるベストシーズンだってご存知でしたか?

そこで今回は、秋冬の美白ケアの必要性や、お手入れのコツなどをご紹介していきます。

秋冬にも美白ケアをした方がよいのはナゼ?


①紫外線量が少なくなり、効果を実感しやすくなるから

夏は強い紫外線によってメラニン(=シミのもと)がどんどんつくられるため、シミやそばかすを防げているという効果を実感しにくいことも…。

一方、紫外線量と比例してメラニンの生成量が減っていく秋冬は、美白ケアの手ごたえを感じやすいのです。

②夏の間にため込んだメラニンがシミとなって出てくる頃だから

肌の内部につくられたメラニンが、シミとなって表面に現れるまでにはタイムラグがあります。

そのため、今シミがそれほど気にならないからといって美白ケアを中断してしまうと、夏の間にためこんだシミ予備軍が秋以降から徐々に表層化していくことに。

これを食い止めるにもやはり美白ケアは必須。

③乾燥もシミを生み出す要因の1つだから

秋冬になると部屋の外も中も空気がカラカラに。

実はこの乾燥による刺激でもメラニンは過剰に発生してしまうのです!

さらに、肌の水分が減ってターンオーバーが遅くなることで、メラニンの排出が滞り色素沈着を起こしやすくなります。

秋冬の美白ケアのポイント


①春夏と同じレベルの美白ケアを!

秋冬は紫外線量が少ないからといって、朝晩使う美白アイテムを夜だけ使う・使用量を少し減らしてみる…といったことはせず、推奨の回数・量を守ってしっかりとメラニンを抑え込みましょう。

美白ケアは初めてという方は、ビタミンC誘導体・アルブチン・コウジ酸などの美白成分が配合されたアイテムを選んで。

保湿ケアも抜かりなく

これからの季節はいっそう保湿ケアが重要に。

もし、今使っている美白アイテムでうるおいが物足りないと感じているなら、保湿力の高いタイプにチェンジするか、保湿アイテムをプラスで投入しましょう。

また、加湿器を付けたりミストスプレーを使ったりなど、日中も乾燥を防ぐ対策を!

角質ケアもプラスして!

乳酸やAHAなどピーリング効果のある成分が配合されたアイテムで、余分な角質をきちんと落とすとなおGOOD!

そうすることでターンオーバーがスムーズになり、メラニンの排出が促されます。

また、古い角質によるくすみもケアされるためより晴れやかな表情に。

UVケアは万全に

秋冬に量は減るといえども、紫外線は1年中降り注いでいます。

洗濯物や買い物といった短時間の外出時でも日焼け止めはしっかり塗ってUVケアをきちんと行いましょう。

また、室内で過ごすときでも日差しが当たる場合は同様の対応をお忘れなく!

「アンプルール」のおすすめアイテム


保湿力を強化しながら美白もかなえる薬用クリーム
ラグジュアリーホワイト 薬用デイ&ナイトクリーム[医薬部外品]
通常価格 9,900円(税込)

有効成分・アルブチンに加え、ハイドロキノン誘導体やビタミンC誘導体・酵母エキスなどを配合した美白クリームです。

光ダメージや炎症をはじめメラニンを発生させる要因に多角的に24時間アプローチ。

シアバターや3種の保湿成分なども配合し、シミと同時に乾燥も徹底的に防ぎます。

するするのびてベタつかないため、オールシーズン心地よく使える一品。

もっと詳しい情報はこちら>>>

ブライトニング効果も期待できる保湿ゲル エマルジョンゲルEX
通常価格 4,730円(税込)

クリームのような見た目ながら肌に広げるととろけるようになじむ、みずみずしいテクスチャーの保湿ゲルです。

肌表面にうるおいのヴェールを張りめぐらせ、水分蒸発をブロックして、ハリ・ツヤみなぎるイキイキとした印象に。

ブライトニング成分・ハイドロキノン誘導体も配合し、肌に明るさももたらします。

もっと詳しい情報はこちら>>>

おすすめPick Up