好感度◎な眉美人に! 顔型別アイブロウメイクTips

2021/07/26
しっかりメイクをしているはずなのに、何だか仕上がりがイマイチ…。

もしかしたらその要因はにあるのかもしれません!

見た目印象をよりよくするためには、自分に似合う眉を知っておくことが大切です。

そこで今回は、顔型別におすすめのアイブロウメイクをご紹介します。

眉の基本的なパーツをおさらい


アイブロウを美しく仕上げるための基本は、眉頭・眉山・眉尻の位置。

眉頭は小鼻から額へ、眉山は小鼻から黒目の外側へ、そして眉尻は小鼻から目尻へ…と、それぞれ直線で繋いだ延長線上がベーシックな位置になります。

あわせて、左右対称になるように描くことも忘れずに。

顔型別! 理想的な眉に仕上げるコツをチェック


こちらの記事では、当てはまる方が多いと思われる5つの顔型をフィーチャー。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.丸型

アゴのラインが丸く、かわいらしい印象の丸型の方は、女性らしいソフトな雰囲気を引き出すアーチ状の眉がぴったり。

顔立ちをよりはっきり&細長く見せたい場合は、シャープに描いても◎。

また、少し長めに調整することで小顔効果も期待できます。

2.卵型

縦横バランスがとれていて、もっとも理想的な形だと言われているのが卵型。

どんな眉の形でもしっくりくるので、なりたい雰囲気やシーンにあわせて選ぶとよいでしょう。

クールで大人っぽい印象にしたいときは直線状の眉に、かわいらしいフェミニンな印象にしたいときはアーチ状の眉が◎。

3.面長型

大人っぽく落ち着いたイメージの面長型。

アーチ状の眉だと顔の縦の長さが強調されてしまうので、短めの平行眉が最適。

やや太めにはっきりと描くことでメリハリを出すことができます。

4.逆三角形型

ハチが少し張り気味でシャープなフェイスラインが特長の逆三角形型の方は、角度のついた眉だとキツイ印象になりがち。

眉山をややアーチ状にした平行眉にすることで、やわらかく洗練された雰囲気に仕上げることができます。

5.ベース型

エラが張り気味でフェイスラインがやや四角く見えるベース型の方にぴったりなのが、緩やかな直線眉

ややアーチがかったソフトなフォルムにすることで、アゴのラインをマイルドに見せ、ふんわり女性らしいムードを演出できます。

アイブロウアイテムの種類とそのメリットとは?


続いて、アイブロウアイテムの選び方をご紹介。

眉を描くツールとしては、主にペンシル・リキッド・パウダーの3種類があります。

アイブロウペンシル

眉の輪郭を整えたり、眉尻など細かい部分を描いたりしたいときはペンシルの出番。

慣れないうちは芯が細くてやわらかいものを選ぶと、失敗なく仕上げることができます。

アイブロウリキッド

毛を1本1本描き足すときに便利。

眉が足りない部分に自然なボリューム感が出せるので、細眉や薄眉に悩んでいる方にもおすすめです。

ペンシルやパウダーに比べて落ちにくいのもメリット。

アイブロウパウダー

まばらな眉の隙間を埋めて均一に整えたいときや、眉頭などふんわり仕上げたいパーツに最適なのがパウダーです。

複数色を組み合わせることで濃淡も自由に調整でき、自然な立体感を出すことができます。


そのほか、髪色にあわせてカラーチェンジできる眉マスカラや、数日間アイブロウをキープできる眉ティントなども好みに応じて取り入れてみてください。

形が少し変わるだけで見た目印象がガラリと変える眉。

自分の顔型に合ったアイブロウメイクを取り入れて、より好感度の高いルックを目指しましょう!

おすすめPick Up