1月~2月は絶対食べて! 「海のミルク」で肌つやアップ♪

2018/01/10

“海のミルク”=牡蠣には、肌・髪をきれいにするアレが豊富!

今が旬の牡蠣。「海のミルク」と呼ばれ、栄養価が高いのはよく知られた話ですが、
美人の条件“肌つや”や“美髪”に欠かせない「亜鉛」が豊富に含まれています。

亜鉛は、皮膚の再生を促す効果があり、肌荒れ改善やアンチエイジング効果が期待できます。
牡蠣をたくさん食べた翌日に肌つやや化粧のりがよくなっているのを感じたことがある人もいるのでは?

嬉しいのは、髪にも良いところ。亜鉛は、髪の元となるケラチンというたんぱく質の合成を促し、
ハリコシのある髪を育てるのに役立ちます。

このように美容効果の高い亜鉛ですが、残念ながら体内への吸収率が低く、
体外に排出されやすいという難点も。

そこで、亜鉛の吸収を助けてるれるのがクエン酸やビタミンC。
それを豊富に含むのが「すだち」です。

美味しくて美容効果も100点満点!牡蠣とすだちのあったかメニューをご紹介


牡蠣とすだちのみぞれ仕立て
濃厚な牡蠣の風味とすだちの爽やかさが大人な味。

材料(2人分)
  牡蠣…4個(60g)
  大根…1/20本(50g)
  わけぎ…1本(20g)
  すだち…1個(20g)
  だし汁…400cc
  酒…大さじ1(15g)
  薄口しょうゆ…小さじ1(6g)
  塩…ひとつまみ(2g)

■【水溶き片栗粉】
  片栗粉…小さじ1/2(1.5g)
  水…大さじ1

■【だし汁】
  水…600cc
  昆布…5g(5cm角)
  かつおぶし…10g

作り方
  牡蠣は塩(分量外)を振ってよく混ぜて水で塩を洗い流す。
  わけぎは小口切りにし、すだちは薄くスライスする。
  大根は皮ごとすりおろす。
  鍋にだし汁、酒を入れて煮立て、塩、薄口しょうゆを加える。
  牡蠣、大根おろしを入れ、水溶き片栗粉を入れ、牡蠣に火が通り、とろみがついたら火からおろす。
  器に注ぎ、わけぎ、すだちを添える。

■【参考】水溶き片栗粉
  水と片栗粉を混ぜ合わせたもので、料理にとろみをつける。
  固まりやすいので、料理に使う直前に混ぜ合わせる。

■【参考】だし汁(500cc)の取り方
  昆布は汚れをぬれ布巾などで拭き取り、水につけておく。
  鍋に水、昆布を入れて中火にかけ、煮立ってきたら昆布をさいばしで取り出し弱火にする。
  かつおぶしを入れ、昆布をかつおぶしにのせて1~2分煮たら火を止め、かつおぶしが沈むのを待つ。
  ボウルにざる、キッチンペーパーを重ね、だし汁を注いでこし、
  最後にキッチンペーパーで包んだだしがらを軽く絞る。

体の芯から温めて、肌・髪きれい♪冬に美味しい牡蠣を存分に味わいましょう。

おすすめPick Up