『新安定型ハイドロキノン』の実力とは【後編】

2017/10/30
シミのできるメカニズム、そしてシミに対して「新安定型ハイドロキノン」がどのように美白効果を発揮するのか。美白の専門家アンプルールがご紹介していきます。

なぜシミはできるの?

なぜシミはできるのでしょう。
肌は紫外線を浴びると、表皮の最下部、基底層にあるメラノサイトでメラニンを合成します。

メラニンというとまずシミが思い浮かぶため悪者にされがちですが、浴びてしまった紫外線から肌を守るという大事な役割を担っています。
ところが、紫外線ダメージや肌トラブルが重なるとメラニンが過剰に蓄積されてしまいシミとなってしまうのです。

シミの本体にアプローチ『新安定型ハイドロキノン』

美白成分の多くは、メラノサイト内の酵素チロシナーゼの働きを抑制することで、間接的にシミの本体チロシンの働きを抑えます。
一方ハイドロキノンは、それと比較して約100倍ものチロシナーゼ抑制作用を持ち、さらにチロシン自体に直接働きかけてより根本的にメラニン生成を抑制します。

とりわけ、新安定型ハイドロキノンは肌なじみをよくするBCDACをまとっているため、メラニンが合成されるメラノサイトへと入り込みやすく、従来のハイドロキ ノン以上に美白効果を発揮します。
紫外線によるシミ・ソバカスをはじめ、30代後半から見られる女性特有の肝斑、ニキビや傷による色素沈着が原因のシミなど、さまざまなシミに対して有効であることも、究極の美白成分と言われる所以です。
多くの女性が悩むシミに対して、夢のある『新安定型ハイドロキノン』。
みなさんも、ご自身の肌で試してみてはいかがでしょうか。

おすすめPick Up