重要なお知らせ|
ログインパスワード再設定のお願い

2020年12月 システムリニューアルを行いました。それに伴い、
リニューアル後はじめてログインされるお客様はパスワードを再設定していただく必要がございます。

お手数ではございますがパスワードの再設定をお願いいたします。

パスワード再設定の変更手順はこちら

※ Amazon Pay をご利用のお客様は、リニューアル後はじめてご利用いただく前にこちらを必ずお読みください。

× 閉じる
冬のうるおい強化レッスン

冬のスキンケア、今のままで大丈夫?

一年で一番湿度が低くなり、室内で暖房をつけることの多い冬場。表皮が薄いと言われている日本人にとってはとくに乾燥の気になる季節です。
アンプル―ルお客様窓口にも、日々、乾燥に悩む方からのご相談が多数寄せられています。
そのまま放っておくと肌のバリア機能が低下し、赤味やカサつきなどの肌トラブルにはじまり、くすみや小ジワまで引き起こすことも!
そこで今回は、スキンコンシェルジェが冬でもしっかりうるおう肌づくりの秘訣をご紹介します。

見落としがちな乾燥サインをチェック!

1つでも当てはまったら乾燥注意報!
当たり前に行っている、冬の生活習慣が思わぬ結果を招くことも。
いつもより念入りなうるおいケアを心がけて、トラブル知らずの美しい肌を目指しましょう!

  • 温度が高めのお湯で洗顔する習慣がある
  • 暖房のついた部屋で長時間過ごす事が多い
  • いつも通りにお手入れをしているのに肌の調子が良くない
  • ファンデーションがうまく馴染まず粉浮きしてしまう

Lesson1 保護うるおい逃さず、しっかりキープ
油分で肌に蓋をするクリームは冬のマストアイテム

見落としがちなクリームケアはスキンケアの基本。「保湿には化粧水をたっぷりと使うといい!」と思われる方も多いかもしれませんが、 化粧水だけでは水分を補うことはできても、その効果を活かしきることができません。

特に乾燥肌のように保湿力を失った肌は、角質が反り返っている状態。そんな状態の肌にいくら化粧水を浸透させても、すぐに蒸発してしまいます。

そんな時に必要なのが、クリームの蓋をするケア。クリームを使うことで油分を補い、 肌表面を滑らかに整えるだけではなく、水分の蒸発を抑え、保水力を高めることができます。

うるおい逃さず、しっかりキープ

Lesson2 補う冬のケアにプラスして肌状態をアップ
今あるお手入れと一緒に使えるスペシャルケア

1月~3月にかけては、気温や湿度の低下によって乾燥しやすく、加齢やケア不足、食生活やストレスなどの外的要因が重なることで、肌はバリア機能を損ない、ダメージを受けやすくなります。
そのため、いつもしっかりとお手入れをしている方でも、肌状態が安定しないことも。
そんな時には、お使いのスキンケアを底上げしてくれるアイテムをプラスすると、よりスキンケア効果を高めることができます。

化粧水の浸透を高めるブースター機能を備えた美容オイルや、美容液成分がたっぷりのマスクを取り入れることで、肌状態をアップしましょう。

冬のケアにプラスして肌状態をアップ

番外編1美容液成分配合のW洗顔で、肌しっとり

スキンケア前の基盤づくりで保湿効果をさらにアップ。30代以降はターンオーバーの機能が低下し、 古くなった角質が肌に残りがち。肌にしっかりと水分を浸透させるためにも、スキンケア前の基盤づくりが大切です。

余分なものはしっかり落としながら、ヒアルロン酸や浸透型コラーゲンなどの美容液成分を配合したアイテムで、 必要なうるおいを残すようアイテムの見直しからはじめてみて。

番外編2乾燥しがちな目元・口元は集中ケア

皮膚の薄い目元や口元はとても繊細な部分。通常よりも外的要因の影響を受けやすいため、 特に冬場は乾燥ダメージも表れやすく、気づかないうちに目元がカサカサ・・・なんてことも。
また、表情の変化による筋肉の動きが激しいため、そのままにしておくとシワの原因にも。

デリケートな部分だからこそ、専用ケアで賢く乗り切りましょう!