アンプルールチャレンジ

ピンクリボン運動 2018
~幸せに寄り添う存在であるために~

2018.11.08
スキンケアという女性商品を提供する企業の使命として、幸せに寄り添う存在でありたい。
そのような理念のもと、アンプル―ルは、美しく輝き続ける女性のために、ピンクリボン活動を応援しています。

「乳がんで悲しむ人を一人でも減らしたい」との想いから1980年代にアメリカで始まったピンクリボン運動。
2000年ごろから日本でも盛んになってきました。
10月は「ピンクリボン月間」とも呼ばれ、毎年、世界各地でさまざまなイベントが企画されています。

私たちは、女性がより美しく健やかに輝き続けることを願うこの趣旨に賛同し、昨年より、啓発団体への寄付を通じて「ピンクリボン運動」を支援してまいりました。
2年目を向かえる今年、ピンクリボン活動を応援する一環として、あらたな活動を開始いたしました。

それはピンクリボンフェスティバルへの参加です。
ピンクリボンフェスティバルとは、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さ」を伝えるため、全国各地で啓発イベントを開催しています。

アンプル―ルスタッフもピンクリボン活動の輪をさらに広げるため、こちらのイベント、10月13日(土)に開催された「ピンクリボンスマイルウオーク 東京大会」に参加させていただきました。
「スマイルウオーク」は、参加者がサポーターとして街を歩き、ピンクリボンのメッセージを広げます。
街を歩くことで、正しく乳がんや検診の知識を深め、行き交う人々やあなたの大切な人に、ピンクリボンのメッセージが広まっていれば幸いです。
アンプル―ルでは今後も、女性をサポートする活動を推進してまいります。

(文:企画マーケティング タガワ)