アンプルールチャレンジ

会報誌をリニューアル。
創刊号の表紙を飾るのはお客さまが咲かせる“うちに秘めたる花”

2018.04.12
アンプルールは15周年を迎え、皆さまにお届けする会報誌もリニューアルしました。
春号の表紙を飾るのはアンプルールの美白スキンケア基本の4製品です。
アンプルール15周年のテーマは「いま目覚める。あらたな魅力」。お客さまがうちに秘めている“魅力の花”を咲かせるためのお手伝いをさせていただく、という想いが込められています。今回の表紙で、この想いを表現してくれたのが、広告ポスターや女性誌の占い特集のイラストなどを手がけるイラストレーター・利光春華さんです。

「うちに秘めたる“魅力”の花」と聞いた利光さんが、イメージを膨らませて描いた表紙の花たち。イラストには花の種類がいくつもありますが、秘めている花もお客さまそれぞれ、という意味が込められています。ツボミを入れたのは、今のお手入れがこれから花を咲かせていく、という表現をしたかったため。一枚のイラストではなく、あえていくつもの花を重ねているのは、お客さまそれぞれの花たちが立体的に広がっていく様子を表しています。
立体感を出すために、実は花のイラストを製品と同じ舞台で撮影しています。合成では表現できない花びらの重なりや影を、実写にすることでお伝えできればよいなと考えました。

スタジオ撮影の様子(1)

スタジオ撮影の様子(2)
ぜひみなさまも “魅力の花”を咲かせるために、毎日のスキンケアを楽しんでいただけたらうれしく思います。アンプルールの想いを込めた表紙を彩る会報誌。ぜひ、新たなアンプルールの世界観をお楽しみください。

利光春華(としみつはるか)

1983年、東京生まれ。イラストレーター。2004年、東京芸術学校グラフィックデザイン科を卒業。アパレル会社に勤務後、2008年に独立。広告ポスター、雑誌挿絵、書籍装丁のほか、アパレル、ファッション、美容系の仕事を多く手掛ける。2012年からはアーティストのYOSHIKAと共にクリエイターユニット「ARMATEL(アマテル)」に参画、音楽活動のビジュアル・アートディレクションを担当。2017年12月に初の著書『Ribbon』を出版。
(ライター:イクロヒカル)