商品を探す商品を探す
  • 商品一覧
  • お得セット
  • 期間限定キャンペーン
  • WEB限定キャンペーン
  • お悩みから探す
  • ラグジュアリ-ホワイト
  • ラグジュアリ-・デ・エイジ
  • プレミアムフィト
アンプルールファン
パブリシティ情報パブリシティ情報
2017.3.9 UP
メディア掲載情報
Dr.Akikoの美肌アドバイス美肌アドバイス
2015.8.12 UP
日焼け止めをきちんと効かせるコツ
新安定型ハイドロキノンとは?新安定型ハイドロキノン
美白効果・安全性・どんなシミに効くの?
スキンケアステップスキンケアステップ
アンプルール化粧品の効果的な使用順序
手のひら5秒プレス手のひら5秒プレス
効果実感を高めるおすすめハンドテクニック
お取り扱い店舗のご案内お取り扱い店舗
2017.3.15 UP
モンドセレクション
ご購入ガイド
  • お支払方法
  • 送料について
  • お届けについて
  • 返品方法
  • 粗悪品にご注意

TOP > 紫外線パーフェクトガイド

紫外線パーフェクトガイド 紫外線パーフェクトガイド
「肌老化は年齢によるもの」と思っていませんか?
実は肌老化の約8割が、紫外線による「光老化」だと言われています。
そんな「光老化」を防ぐため、今知っておきたい紫外線の最新情報をお届けします。

一年中降り注ぐ紫外線にご用心

一年中降り注ぐ紫外線にご用心
太陽光は、波長によって赤外線、可視光線、紫外線に分けられます。紫外線は、熱さもまぶしさもなく浴びている実感のない光線で、波長の長い順にUV-A、UV-B、UV-Cがあります。このうち、地表に届くのはUV-AとUV-B。 これらは肌老化や皮膚がんなどの原因となります。
「紫外線ケアは真夏だけ」という人はまだまだ多いですが、下のグラフを見るとわかるように、紫外線は3~9月をピークに一年中降り注いでいます。だから紫外線ケアは季節を問わず一年中行うのが基本。特に紫外線量が急激に増える春先は、くれぐれも紫外線ケアで出遅れないようにしたいものです。
一年中降り注ぐ紫外線にご用心
一年中降り注ぐ紫外線にご用心 一年中降り注ぐ紫外線にご用心

シミだけじゃない!
紫外線はさまざまな
肌老化の原因に

紫外線は、肌老化を引き起こす肌の大敵。その影響は表皮だけでなく、真皮にまでもおよびます。波長の短いUV-Bは、表皮に日焼けを起こし、乾燥やシミの原因となります。一方、波長の長いUV-Aは、肌深くの真皮まで到達。ハリ・弾力を支えるコラーゲンやエラスチンを損傷させ、深いシワやたるみの原因をつくります。特にUV-Aの放射量は、一年を通じてほとんど変わらないので注意が必要です。
紫外線はさまざまな肌老化の原因に

紫外線を浴びるとこんなエイジングサインが!

乾 燥
日焼けによって角質層の水分保持機能が低下。うるおいが不足した肌は、あらゆるトラブルの原因に。
シ ミ
紫外線を浴びることでメラニン色素が生成。これがうまく排出できないとシミになります。
シワ・たるみ
真皮に到達した紫外線は、皮膚のハリ・弾力を支えるコラーゲンやエラスチンを損傷。シワ・たるみの原因に。
UV-ABの各影響の図

日焼け止めは
効果を表す2つの数値で
選びましょう

紫外線から肌を守るために、UVケアは一年を通して行うのが基本。日焼け止めは右の2つの数値を参考に、紫外線防御力の高いものを選びましょう。顔だけでなく、首筋や腕など肌を露出している部分にもきちんと塗ることが鉄則です。
ラグジュアリーホワイト WプロテクトUVプラス ラグジュアリーホワイト WプロテクトUVプラス

防ぐべきは紫外線だけじゃない!?
私たちのまわりに潜む、
白肌をくすませる2つの要因

私たちの肌をとりまく環境は、日々変化しています。最近では、紫外線以外にも肌にダメージを与える要因が問題に。その中でも特に気をつけたい2つの環境ストレスについて考えていきましょう。
PCやスマホからうっかり浴びているブルーライト
PCやスマホからうっかり浴びているブルーライト
パソコンやスマートフォンから発生するブルーライト。おもに目に影響を与えるとされていますが、最近では、肌の奥にまで届いてシミ・くすみの原因になるとも言われています。季節や時間帯を問わず肌を襲う、新たな光老化の原因に!
ブルーライトとは?
波長が380~500ナノメートルの光のこと。可視光線の中で最も波長が短く、強いエネルギーを持つ。
アンケート結果
アンケート結果 アンケート結果
調査の結果、ブルーライト対策を行っている人は半数程度で、そのほとんどが「目を守ること」で占めていました。肌の対策を行っている人は非常に少なく、ブルーライトが光老化の原因になるという認識が、まだまだ低いことがわかります。
肌トラブルの重大な原因!大気汚染 肌トラブルの重大な原因!大気汚染
春先は、強い風に乗って花粉・黄砂・PM2.5などが飛散。これらが肌に付着すると、アレルギーの引き金となる炎症が起こったり、シミやシワ・たるみの原因となる活性酸素が発生したりします。特に、肌が乾燥してバリア機能が低下している今の時期は要注意。保湿ケアを念入りにして肌状態を整え、バリア機能をアップさせると同時に、さまざまな環境ストレスから肌を守る習慣を毎日の生活に取り入れましょう。
大気汚染の原因
Beauty Tips

紫外線、ブルーライト、大気汚染から肌を守る!
今から始めたい
エイジレスなキレイをつくる3つの習慣

Tips1

抗酸化力のある
ビタミンA、C、Eをたっぷりとる

紫外線や環境ストレスで発生する過剰な活性酸素に負けないように、積極的に抗酸化成分を含む食材をとりましょう。意識してとりたいのは「抗酸化ビタミン」と呼ばれるビタミンA、C、E。食べ物はもちろん化粧品でも、これらを含有するものを取り入れると効果的です。
Tips2

一日のメイクや汚れは
すぐにしっかり落とす

一日中外の空気にさらされた肌には、ホコリや汚染物質が付着しています。家に戻ったらすぐにメイクを落とす習慣をつけましょう。洗顔はW洗顔が基本。メイクや汚れだけでなく、酸化した皮脂もしっかり落として肌ストレスをすっきりOFF!
Tips3

雨の日も、出かけない日も、
日焼け止めは一年中が基本!

肌の老化を進めないために、紫外線だけでなく、ブルーライトや大気汚染から肌を守る日焼け止めを朝のお手入れにプラスしましょう。雨の日や外出しない日も、UV-Aや環境ストレスは常にあなたのそばに。UVケアは、油断することなく一年中行うことが肝心です。 毎日欠かさずつけるものだから、日焼け止めはストレスなく続けられる使用感のものがおすすめ。
日焼け止めは一年中が基本
日焼け止めは一年中が基本
ラグジュアリーホワイト WプロテクトUVプラス ラグジュアリーホワイト WプロテクトUVプラス
みずみずしく、ストレスフリーな使い心地が毎日のUVケアにぴったりの日焼け止め。これひとつで、紫外線やブルーライト、大気中の汚染物質から肌をプロテクトします。
日焼け止め美容液
ラグジュアリーホワイト
WプロテクトUVプラス