商品を探す商品を探す
  • 商品一覧
  • お得セット
  • 期間限定キャンペーン
  • WEB限定キャンペーン
  • お悩みから探す
  • ラグジュアリ-ホワイト
  • ラグジュアリ-・デ・エイジ
  • プレミアムフィト
アンプルールファン
パブリシティ情報パブリシティ情報
2017.3.9 UP
メディア掲載情報
Dr.Akikoの美肌アドバイス美肌アドバイス
2015.8.12 UP
日焼け止めをきちんと効かせるコツ
新安定型ハイドロキノンとは?新安定型ハイドロキノン
美白効果・安全性・どんなシミに効くの?
スキンケアステップスキンケアステップ
アンプルール化粧品の効果的な使用順序
手のひら5秒プレス手のひら5秒プレス
効果実感を高めるおすすめハンドテクニック
お取り扱い店舗のご案内お取り扱い店舗
2017.3.15 UP
モンドセレクション
ご購入ガイド
  • お支払方法
  • 送料について
  • お届けについて
  • 返品方法
  • 粗悪品にご注意

TOP > 美肌アドバイス vol.94

ドクターアキコの美肌アドバイス

 

vol.94 日焼け止めをきちんと効かせるコツ


連日、厳しい暑さが続いておりますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

水分補給はもちろん、塩分や栄養もしっかり摂って
熱中症や夏バテを予防してくださいね。

今まさにピークとなっている紫外線。
海や山などのレジャーに行かなくても
毎日強烈な紫外線が降り注いでいます。

皆さま、日焼け止めはもちろん塗っていると思いますが、
それなのに「焼けちゃった!」という経験はありませんか?

そこで今回は、日焼け止めをきちんと効かせるコツについて
ご説明します。

* * * * * * * * *

『日焼け止めを塗っていたのに日焼けした』
その原因は、塗り方に問題がある場合が多いです。

■十分な量をムラなくのばすこと
まず、塗る量が少ない人が多いように見受けられます。
紫外線を防御する指数、SPFやPAの値は、
1cm2(平方センチ)あたりに2mgを塗った状態で測定されます。
実際にその量を塗ると厚塗りになって現実的ではありませんが、
メーカーが推奨する量を使うのが基本です。

■顔の側面や首までしっかりと塗ること
フェイスラインやあごの下、耳など、
正面から見えない部分は塗り忘れがち。
きちんと細部まで塗って、素肌をさらさないことが大切です。

■2~3時間おきを目安に塗り直すこと
時間が経つにつれて、皮脂や汗で流れたり
無意識に触った時にとれてしまうこともあるため、
メイク直しのタイミングなど、2~3時間を目安に
塗り直すのが賢明です。

もし塗り直しがなかなかできないという方は、
スプレータイプを活用することをおすすめします。
シュッと簡単に塗布できて、とても便利です。

■ウォータープルーフでも油断しない
たとえウォータープルーフタイプでも、
何度も海やプールに入るうちに薄くなりますし、
砂がついたりタオルで拭くことによってこすれて落ちてしまうもの。
こまめな塗り直しは必須です。

以上のコツを忘れなければ、
日焼け止めの効果はグッと高まります。

* * * * * * * * *

日焼け止めと併用して行いたいのが、
「ビタミンC」によるケアです。

ビタミンCにはしみやそばかすの原因となる
メラニンの生成を抑える作用のほか、
紫外線によって体内で発生する活性酸素を除去する作用に優れています。

活性酸素は、美肌の大敵。
シミやシワなどあらゆる肌老化を引き起こします。

ビタミンCは優れた抗酸化作用がありますので、
毎日コツコツとスキンケアで補うことと、
食べ物から摂取することが大切です。

フルーツならいちご、キウイ、オレンジなどに多く含まれ
野菜ならパプリカ、ブロッコリー、ピーマンなどです。
ビタミンCは熱に弱いので、生か火をさっと通す調理法がおすすめです。

* * * * * * * * *

紫外線ケアは、今まさに正念場。

せっかくケアを行うなら、
きちんと効果が発揮される正しい使い方と
プラスαのビタミンCケアで、徹底的に美しい肌を守りましょう。


アンプルール代表
皮膚科医 高瀬 聡子(あきこ)